HOME > 製品案内 > ナチュロック ビオフィルム
地球温暖化問題対策商品 ビオフィルム
21世紀は「自然生態系の保護、回復」と「地球温暖化防止」がテーマ。
ビオフィルムがバイオフィルムをつくります。

コンクリート護岸をビオフィルムで覆うことで、バイオフィルム(微生物共同体)から始まる生態系の循環システムにより、生物多様性の保全、生態系の育成、回復を促進し壁面緑化や水質浄化を図ります。ビオフィルムは地球温暖化問題に貢献する画期的な商品です。

ビオフィルムの施工効果は生物多様性の保全、回復とヒートアイランド制御
ビオフィルムでコンクリートなどの無機質な構造物や製品を覆うことにより、微生物が生育し、コケなどの植物や昆虫、小動物が生息する環境が生まれます。多孔質な素材なので水路や河川などでは水質の浄化を促します。また、ツル類等の植物がビオフィルムにからみやすく、断熱効果があり、都市部では地表の温度上昇を緩和し、吸音・遮音効果も得られます。
 
バリエーションの豊かなビオフィルム
ビオフィルムFS
ビオフィルムFS
ビオフィルムFK
ビオフィルムFK
ビオフィルムFY
ビオフィルムFY
ビオフィルムHS
ビオフィルムHS
ビオフィルムHK
ビオフィルムHK
ビオフィルムHY
ビオフィルムHY
 
ビオフィルム製品標準規格表
フレキシブル 基礎寸法 製品厚
(内外)
ハードタイプ 基礎寸法 製品厚
(内外)
横×縦 横×縦
ビオフィルムFS 1000×1000mm 11mm ビオフィルムHS 300×450mm 11mm
1000×2000mm 11mm 300×900mm 11mm
ビオフィルムFK 1000×1000mm 15mm 450×900mm 11mm
1000×1000mm 15mm 900×900mm 11mm
接着テープ付き ビオフィルムHK 300×450mm 15mm
ビオフィルムFS-P 300×280mm 3mm 300×900mm 15mm
300×560mm 3mm 450×900mm 15mm
  900×900mm 15mm
ビオフィルムHY 300×450mm 60mm
300×900mm 60mm
規格、寸法については特注品もございます。
 
ビオフィルムの形状
ビオフィルムの形状
取り扱い上の特長
○ 構造物を簡単に覆うことができる
○ コンクリート製品に簡単に貼ることができる
○ 柔軟なため曲面構造物にも施工が簡単
○ カットが簡単、超軽量なので作業敏速
○ 超軽量で運搬費、人件費、工事費が削減され経済効果がある
○ コンクリート、鉄、アルミ、木材等に複合可能
積みブロック専用ビオフィルム
積みブロック専用ビオフィルム
  二次製品の規格に合わせて注文承ります。
 
ビオフィルムの3大特徴
構造物を壊さないですむので工事費全体の経済性に優れている
 既存の構造物を壊さないで表面を覆う工法なので重機等を必要とせず、周辺の自然生態系を守りながら環境保全、育成、回復が可能になります。
生物の多様性の保全、自然環境の保護回復をはかる
  独特の多孔質構造のため微生物、コケ、植物等の付着生物、二酸化炭素吸収効果、水質浄化効果、吸音効果、熱遮断効果があり、ヒートアイランド現象の緩和に貢献します。
どこにでも複合できる多様性
  軽量、薄型のため曲面構造物などにも簡単に覆うことができ、カットも簡単なのでが敏速です。またコンクリート製品、鉄、アルミ、木材等あらゆる物にも複合可能です。
 
土木関連での用途
 護岸、水路、砂防ダム、ダム面、堰堤、鋼矢、鋼管矢板護岸、橋桁、橋りょう、道路よう壁、高速道路擁壁、一般擁壁電柱、階段、トンネル、貯水池など
  コンクリート製での用途
 農業用水路製品、河川製品、L型水路、道路よう壁製品、L型よう壁、歩車道ブロック、張りブロック、のり枠ブロック、連接ブロック、階段ブロック、井桁ブロック、ガードレール、魚道製品、魚巣ブロック、ガレージ製品など
土木関連での用途
 壁面緑化資材、屋上緑化資材、住宅壁面、ビル外装、ベランダ、堀、屋根、エクステリア、インテリア、ガーデン資材など
 
自然界のバイオフィルム
自然界のバイオフィルム
ビオフィルムのメカニズム
 ビオフィルムは、超軽量・超薄型の特殊なフィルムをベースにした多孔質環境素材です。ビオフィルムで覆うことにより自然界のバイオフィルムが形成されやすく、失われた自然環境が再生されていきます。
 
ビオフィルム
ビオフィルム
バイオフィルムのメカニズム
 バイオフィルムとは、微生物共同体という意味で、自然界に存在する物質の表面には多種多様な微生物が付着し、共同体を形成しています。共同体内での活発な営みが、生態系の再生や保護、環境浄化を促す役割を担っています。
 
 
ビオフィルムでコンクリート構造物を「覆う」
ビオフィルムでコンクリート構造物を覆う
河川には、さまざまな生物が生息しています。そしてその生息環境は、流水がつくりだす多様な河川形態と植生によって守られています。
  ビオフィルムでコンクリート構造物を覆う
シミュレーション
コンクリートの地肌をビオフィルムで覆うことで生態系に適した壁面になり、植物に包まれた環境ができ、生態系の育成とともに二酸化炭素の吸収や熱反射が抑えられヒートアイランドを防ぎます。
 
 
ビオフィルムで建築物を「覆う」
ビオフィルムで建築物を覆う ビオフィルム
ビオフィルムの特長
 
ビオフィルムでコンクリート二次製品を「覆う」
   コンクリート製品の表面をビオフィルムで覆うことで簡単に環境製品に改良できます。洗い出し、ショット仕上げ、天然石仕上げ等の必要がなく産業廃棄物も出ず、設備投資もいりません。低価格で付加価値環境製品が生まれます。

 
 
ビオフィルムの特徴   ビオフィルムは超軽量・超薄型で柔軟性があり、自由にカットできます。
 
薄い

軽い

曲がる

カット自由

植物が付く
 
ビオフィルムで都市河川を「覆う」  シミュレーション 砂防ダムを「覆う」 
 コンクリート護岸をビオフィルムで覆うことで水辺においては多孔質な素材が水中の酸素量を増加させ、水の浄化作用と施工数ヶ月で微生物、コケ、水生植物の生息が確認できます。また保湿性、吸音性に優れており、植物、生物に四季を通じた暮らしの場を与えます。
 
ビオフィルムがつなげる水辺の生態系
ビオフィルムがつくる壁面緑化
ビオフィルムの多孔質な環境がヒートアイランドを緩和する

天然石にほこりや土などが多くたまると、微生物が堆積し、生物の生息環境が豊かになります。さまざまな微生物によって、コケがうっすらと表面を覆う環境、それが微生物に覆われた部分=バイオフィルムです。
 

ビオフィルムFS

ビオフィルムFK

ビオフィルムFY

ビオフィルムHS

ビオフィルムHK

ビオフィルムHY
 
 
このページのTOPへ